top of page
lead_text2-2_edited.png
connect_logo

初心者にもプロにも好評
国産の農業ドローン

AC101 connectの情報にいち早くつながろう

送信ありがとうございます

初心者にもプロにも好評

AC101 connectの特長

ac101_02_edited.jpg

制御基板を一新し、散布作業の効率性を高める

AC101 connect

nttfc.png

​最新の通信技術に対応

  • 高精度な自動航行を実現するGNSSモジュールを搭載

  • ネットワークRTKを利用することで10cm単位の測位精度で自動航行を行い効率的な散布が可能

  • ​多様なアプリケーションに対応する自社製制御装置

​通信を介したデータ連携サービス

  • BASF デジタルファーミング社・BASFジャパン株式会社が国内で提供する栽培管理支援システム「xarvio® FIELD MANAGER(ザルビオ® フィールドマネージャー)」の地力マップとのデータ連携により、送信機(プロポ)に可変施肥を支援する圃場マップを表示する機能等の提供を予定(提供時期:2024年夏以降)

  • ​今後ソフトウェアアップデートで拡充予定の機能(散布地図連携、遠隔サポート)

カタログ_01.png

日本の圃場に最適な性能

G7農業大臣会合デモフライト

​選ばれる理由

コメの一大産地であり、作付面積、収穫量共に日本一の新潟県。県北部に位置する新発田市(しばたし)は古くから、加治川の水源を生かしたコメ作りが営まれ、近年はブランドイチゴ「越後姫」やアスパラガスなどの栽培も盛んです。

新発田市でAC101をご利用いただいている下條さん、斉藤さん、高沢さんにお話を伺いました。

水田
AC101
ac101_03.jpg

NTTグループのドローン専業会社が開発した国産の農業ドローン

lead_text2-2_edited.png
top_ac101.png

AC101が選ばれる理由

  • コンパクトな機体(8リットル搭載)でも 散布幅5m

  • 液剤の粒子径にこだわった散布装置により液剤が流されない

  • 初心者もプロも納得の操縦負担を軽減するアシスト機能

  • バッテリー1本で最大2.5ha散布可能な    圧倒的なスタミナ

  • 補助金利用時の法定耐用年数をふまえた   7年サポート保証 

マイナビ農業02-min.png

DJI(クボタ、ヤンマー)製「T30・T20」と、NTTイードローン製「AC101」の同時デモ

日本農業ドローンサミットの詳しいレポートは
こちらへ

​スペック

日本の農業現場を第一に考え設計開発した農業用農薬散布ドローンです。 軽量/コンパクト/低燃費をコンセプトに、使いやすさを追求し設計。 高い飛行性能と散布性能に加え、シンプルな操作性と高いメンテナンス性により、誰でも安心してお使いいただくことができます

Ac101_concept_image.png

​軽さとコンパクトへのこだわり

誰もが使える農機具をめざして、女性にも使っていただきたい

農業従事者は2000年の389万人から、2010年には269万人まで減少、2021年には130万人まで減少しています。日本全体が人口減少トレンドとはいえ、食料安全保障の観点からみた食料自給率の維持・向上に加えて、地域の農地がこれまで支えてきた保水・景観保全・生物多様性の確保・伝統文化の維持など様々な機能の維持について脅威にされされています

そのようななか、これまで農地を支えてきた方々や女性でも簡単に使えるように、細部にこだわり設計開発した農業用農薬散布ドローンがAC101です

AC101の登場により女性による散布が広がりはじめています。「祖父の米作りを手伝うことができ、地域の農家さんも手伝うことができた!」「農業に興味があり、ドローンを通じて関わることができた!」そのようなありがたい声をいただいています。そして、ラジヘリ防除を長年担っていただいた方々や地域の担い手として数十haの圃場を抱える農家さんからは、「軽トラックに一人で載せるのが辛くない」「適期に手軽に散布できるから助かっている」といった声もいただいています

土地改良を行ったような長大な圃場向けにはラジヘリや大型の農業ドローンによる散布のほうが効率的な場合もありますが、適期散布と農業従事者の減少トレンドをふまえて誰もが簡単に使える農薬散布ドローンとして、軽さとコンパクトにこだわった開発を続けていきます

千葉県千葉市_edited.jpg
ママミーアキャット(コンパクト訴求)_edited.jpg
軽さ訴求①_edited.jpg

なお、軽さとコンパクトさにこだわって設計するためには余計なセンサーや機能を省くことも必要です。しかし、安心や安全のために必要なアシスト機能はしっかり装備しています

​AC101の3つのアシスト機能

初心者にもプロにも好評です

AC101は過去のヒヤリハット事例やユーザの声に基づき、農薬散布作業のストレスや負担を軽減する3つのアシスト機能を備えています。初心者からも散布代行のプロからも真夏の防除を助ける機能と好評です。詳しくは以下の画像をクリックし3つの機能の紹介ページを是非ご一読ください

アシスト機能.jpg

​AC101の圧倒的な飛行時間

飛行時間に余裕がでることで、全ての作業に余裕が生まれます

従来の農業用農薬散布ドローンを利用している方からは「そんなに飛行時間がもつわけない」と驚きつつ否定されたほど、圧倒的な飛行時間。バッテリー1本で最大2.5ha散布することが可能です。外気温や散布方法(0.5haづつ散布する等)によりますが、他の農業ドローンよりも大幅に飛行時間が伸びたことでユーザには以下のようなメリットがあります

 (1)安心

・日本の圃場は狭く、農薬散布する際には飛び地となるケースも多くあります。飛行時間が十分に確保できることで、狭い圃場を丁寧に散布するときのホバリング時間の確保や、飛び地で散布するときでも途中でバッテリーを交換する必要がないといったメリットがあります

・初心者の方や他の農業ドローンから乗り換えた方は、バッテリー残量の警告音を気にしながら焦って散布することなく「安心して散布することができた」との声をいただいています

 (2)コスト

・バッテリー1本で散布できる面積が広くなるため、それだけバッテリーの購入本数を抑制できます

・AC101のバッテリー購入本数は農家さんの場合2~4本、請負代行の場合4~6本に抑制できています

・バッテリーは決して安い価格ではなく、充電作業や利用しない期間の保管のことを考えると少ない本数に越したことはありません

 

​「安心」と「コスト」の両面で大きなメリットをもたらすバッテリー1本で可能な飛行時間の長さ。実際に2.5ha散布した動画です。是非ご覧ください

​AC101の効率的な準備と整備

飛行中のみならず準備整備までデザインしなおしました

これまでのドローンのスペックシートに飛行性能に関することは記載されていますが、飛行させるために必要な準備や整備について記載されたものはありません。どんなに便利な機能も、どんなにスペック上優れた性能も、それを利用するための準備と整備が煩雑では本末転倒です

AC101は、飛行前後すなわち準備と整備の効率性にもフォーカスし機体をデザインしています

1. コンパスキャリブレーションは原則不要 

飛行前の準備作業を短縮可能、且つ女性等が一人で実施することは困難な作業

AC101は日付をまたいでも、散布する地域が遠く離れていても、ましてやちょっとした圃場の移動の度にコンパスキャリブレーションを実施する必要はありません。飛行前後で電源を必ずオフにしてから移動することで、新しい圃場に到着してからすぐにフライトが可能です

コンパスキャリブレーションは忙しい防除作業の合間に実施することは大きなロスになります。何より重量とサイズのある農業ドローンのコンパスキャリブレーションの作業のなかでも、女性がプロペラを地面にぶつけないように垂直に回転させる作業は困難が伴います。AC101よりも安価なドローンのなかには、コンパスキャリブレーションが頻繁に必要となるドローンもあります。​比較検討する際には、是非ご確認ください

2. インテリジェントバッテリー&高性能充電器による簡易な管理

充電時の管理稼働の軽減やバッテリーの電圧チェッカー等による飛行前準備作業の軽減

AC101では、バッテリーマネジメントシステム(BMS)を搭載したインテリジェントバッテリーを採用しています。バッテリー電圧チェッカー等を使わずにバッテリー残量を確認できます

充電の際にはコネクターを差し込めば充電を開始する簡単設計であり、モニターで充電状況の確認や通常充電と急速充電の使い分けも可能です。そのため、従来のLipoバッテリーと比べて充電時の管理稼働の物理的・心理的負担が軽減されています

ストレージモードを搭載することでバッテリーの安全な保管も可能としています

AC101よりも安価なドローンのなかには、従来のLipoバッテリーを採用しているドローンもあります。充電時の管理作業と安全な保管の両面で、​比較検討する際には、是非ご確認ください

3.脱着が容易な散布装置

脱着作業は工具不要で驚異の17秒、清掃はもちろん。液剤と粒剤の散布がスムーズ

散布装置は使用後必ず清掃する必要があります。清掃しやすいようにAC101の散布装置は工具なしで非常に簡単に脱着できる設計としています。その結果、清掃が容易になったことに加えて、農薬(液剤)を散布した際に、追肥(粒剤)をしたい圃場があった際に、現場で工具無に簡単に脱着し散布することが可能となっています

​AC101以外のドローンと比較検討する際には、散布後の清掃作業や実際の利用シーンまで想定して、液剤散布措置と粒剤散布装置の脱着について是非ご確認ください

<参考動画>

https://youtu.be/0P5WpBvzaeo

4.清掃しやすいデザイン

長く使っていただきたいから、清掃しやすいデザインにこだわりました

4枚プロペラのため6枚や8枚プロペラと比較して、元々液剤を巻き上げにくい設計です。加えて進行方向に対して機体中央部(前後のプロペラの間)に散布ノズルを配置しているためスムーズなダウンウォッシュを実現し、散布した液剤による汚れは他機種と比べても驚くほど少ない機体となっています

さらに、機体の底部や上部、アームや脚の接合部を注意深くみていただければわかるとおり、できるだけ余計な凹凸のない清掃しやすいデザインとしています

AC101は軽量化や飛行時間の長さを重視し防水機構は採用していませんが、このようなデザインの工夫により、日々の拭き掃除によりメンテナンス可能な機体となっています

​AC101は7年サポート保証

農機具として無人航空機として

農業の現場では高額な農機具を大事に長年使い続ける農家さんやそれを支える整備士の方々がいらっしゃいます。農業ドローンはここ数年急速に発展してきたため、長く使うよりも短期間で買い替える雰囲気がありましたが、私たちはできるだけ長く利用いただくことで農家さんの負荷と環境への負荷をできるだけ低減したいと考えています。

また、農業ドローンの導入に際して、補助金を活用する方が一定数いらっしゃいますが、農薬散布を目的としたドローンの法定耐用年数は7年とされています。

これらの事情をふまえ、当社は「AC101は農機具として」購入いただいていから7年サポートし続けることをお約束しています。

そして、農業ドローンは航空法の対象となる無人航空機でもあります。航空法にはこのような記載があります

第一条(この法律の目的)
この法律は、国際民間航空条約の規定並びに同条約の附属書として採択された標準、方式及び手続に準拠して、航空機の航行の安全及び航空機の航行に起因する障害の防止を図るための方法を定め、並びに航空機を運航して営む事業の適正かつ合理的な運営を確保して輸送の安全を確保するとともにその利用者の利便の増進を図ること等により、航空の発達を図り、もつて公共の福祉を増進することを目的とする

 

​当社は「航空機を運航して営む事業の適正かつ合理的な運営を確保して輸送の安全を確保するとともにその利用者の利便の増進を図ること等」を受け止めて、「AC101は無人航空機として」安全確保と利用者の利便性の増進に真摯に取組むことをお約束します。農業ドローンはその使用環境の過酷さから、故障率や事故率は決して低くはありません。当社は7年サポートを通じて、ユーザの皆様が安心してご利用いただけるように、その結果、地域の方々にも喜んでいただけるようにドローンの社会実装を進めていきます

ac101_apec

粒剤散布装置

粒剤散布装置02.png
圃場のスミの撒きムラ防止
空中散布用として販売されている1キロ・3キロ・豆つぶ剤等(肥料含む)を散布可能。扇形に放射する散布ではなく、横長に均一に散布する「かまぼこ型」に散布することで、狭い圃場の端にもムラなく粒剤を散布可能

ワンタッチで脱着可能
液剤と粒剤を散布したい圃場があった際、現場で工具無に簡単に脱着し散布することが可能

播種についても実証
リゾケアの散布実証も実施
1
2
粒剤散布装置

​AC101 connectカタログ

​画像をクリックするとダウンロードいただけます

地域の農業を支えるために

全ては、長く、安心してご利用いただくために。
​シンプル&サポートを重視しています

AC101_strong03_edited.png
​ニーズ収集

2021年2月の事業開始以降、デモ会等を通じて2000名以上(2022年3月末時点)の農業従事者の方々との意見交換を通じて真に必要な機能にこだわって軽量・コンパクト・バッテリー長持ち・7年サポートのコンセプトを確立し、シンプルな農業ドローンを開発製造しています

設計

ニーズに基づき、農機具メーカーや農学系の出身エンジニア、農家出身のオペレーターが、真夏の防除期の散布作業の軽減を念頭に、徹底して使い勝手向上にむけた設計を実施。そのうえで、フライトコントローラーをはじめ基板設計から部品選定まで全て自社内で実施することで、海外製(多くは中国製)のキットを国内で組み立てた機体を国産として販売しているメーカーとは、異なるレベルの品質と性能を実現しています

製造

NTTグループが通信端末を製造委託してきた国内工場において、ドローン専用の製造ラインを構築しAC101を製造しています。通信機器と同様に、締め付けトルク等まで規定した製造手順書に基づき1台1台製造しています。製造後、厳格な出荷検査を経て皆様のもとへ出荷しています

人材・拠点拡大

AC101をお客様に安心してご購入・ご利用いただくため、各地域に販売代理店・スクール・整備事業所が必要です。地域の農業を支えている方々やその方々からご紹介いただいた方々と共に人材・拠点拡大を進めています。最寄りの拠点はこちらからご確認ください。

普及促進

全代理店・スクール・整備事業所を対象とした会議を毎月開催し、ユーザからの声や、機体の不具合、ヒヤリハットに関する共有を行っています。AC101の普及促進にむけて機体の改良並びに運用の改善を地域のパートナーとともに強化し続けています。

スクール

AC101を安心してご利用いただくために、AC101を利用される方々には国交省認定管理講習団体でもある当社のスクールを必ず受講いただきます。教官は実散布経験が50時間以上且つ初回合格率が30%を切る教官認定試験をパスした熟練の教官たちです。詳細はこちらをご確認ください。

実散布

実際の散布への立会いや散布代行(おまかせeドローン)を通じて新たな改良点・ニーズを収集しています。また、不具合発生の現場や、実散布の現場にできるだけ足を運び、現場でしか学べない改良点・ニーズの確認に努めています。さらには、代理店と密に連携し、課題や改善点を徹底的に収集しています

bottom of page