おまかせeドローン

ドローンを自社で購入し、運用し続けるには、相応の体制整備とコストを要します。NTTイードローンは、自らドローンの開発製造そして運用に取組んでおり、「農薬散布」「インフラ点検」「太陽光パネル点検」「災害時の通線・空撮作業」について合計100台以上の機体と400名以上のパイロットを抱えています。これらのケイパビリティを活かし、ドローンを利用することで効率的且つ安全に実施可能な作業において、NTTイードローンにその作業を「おまかせ」いただくサービスを展開しています。

ケーブルけん引

ケーブルけん引_edited.jpg

(1)サービス内容

NTT東日本でも利用している当社製ケーブルけん引(通線)ドローンを、必要とする事業者様に機体とパイロットをセットで提供します

(2)提供価格

​  80万円~(税抜)

 ※派遣場所・準備期間等によって価格は大きく変動します。お気軽にお声がけください。

事例紹介

​2022年5月 土砂崩れによる通信インフラ復旧のための派遣事例

危険を伴う河川や山間のケーブルけん引(通線)作業をドローンで代替することができます。
NTT東日本グループでは東日本大震災をふまえて、津波・土砂崩れ・河川の氾濫等で途段した通信インフラを一日でも早く復旧するために2013年からドローンを活用してきました。
その知見とノウハウを反映した機体のレンタル並びに経験豊富な人員の派遣サービスを、おまかせeドローンとして提供しています。高所・難所・災害時の通線・架線作業でお困りの際に、お声がけください。
※本動画は、2022年5月に実際に土砂崩れの現場で通線を行った模様を撮影したものとなります

使用機体:NTT e-Drone Technology製「EC101