NTT e-Drone Technologyについて

kkrn_icon_faq_22.png

出資比率について

出資比率は非開示となりますが、NTT東日本のグループ会社です

Skydio

kkrn_icon_faq_22.png

初心者ですが、Skydioを購入することは可能ですか

当社が運営するドローンスクール「E.R.T.S.(国交省ホームページ掲載の講習団体)」の修了後、「Skydio認定講習」を受講いただくことで購入いただけます。基礎から実践まで体得することが可能なプログラムとなっていますので、初心者の方でも安心して購入いただくことができます

kkrn_icon_faq_22.png

Skydioの実機を試してみたいのですが、デモ会や機体の貸出しは可能ですか

土木関係者や自治体関係者等が多数集まる場でのデモ会に協力させていただいています。今後も不定期に各地でデモ会(または実証飛行)を実施する場合がありますので、実機をご覧になりたい方はお問い合わせフォームからその旨ご連絡いただければ、最寄りの場所で飛行する機会がある際に、ご連絡をさせていただきます。※Skydioについては(農業ドローン「AC101」と異なり)個別のご要望(日時・場所指定)のデモ会や機体の貸出しには現在お応えできていない状況です
そのうえで、Skydio2を活用した現場での実証に取組みたい方向けに、有償とはなりますが2か月のお試しプランをご用意しており、こちらはご要望の期間内で機体を貸出すことが可能です

​また、Youtubeで当社が撮影・編集したSkydio2/2+の各種機能を紹介する動画をアップしています。是非ご覧ください

https://youtube.com/playlist?list=PLpBPUMrUEZKFpuoP6tYM7ra8dIjjvkTZg

kkrn_icon_faq_22.png

Skydioをすでに利用・所有していますが、Skydio認定講習を受講しなければNTTイードローンから購入できないのですか

当社から購入いただいたSkydio製製品を安全に運用いただくためにSkydio社が発行する「Skydio 2 Expert Operator」の認定を取得済の方にのみ販売しています。「Skydio 2 Expert Operator」は、米国Skydio社公認の「Skydio認定講習」を受講する際に行われる認定試験に合格することで発行されます。なお、当社が開催する「Skydio認定講習」以外で、「Skydio 2 Expert Operator」の認定を取得済の方にも販売は可能です。

kkrn_icon_faq_22.png

Skydio認定講習はどこで受講できますか

千葉県東金市、埼玉県熊谷市、山形県山形市、兵庫県神戸市等において不定期(4名~5名集まる日)に開催しています。4名以上まとまって受講を希望される場合、ご希望での日程での調整や出張講習※の調整も可能です

※交通費・宿泊費をご負担いただく場合があります

kkrn_icon_faq_22.png

Skydio X2の取り扱い(販売やレンタル)をしていますか

Skydio X2を、NTT東日本で採用されることになれば運用ノウハウを大量に蓄積することができるため、当社でも採用する可能性がありますが、現在はそこまで至っていません。よって、当面は当社でSkydio X2を取扱う予定はありません。そのため、Skydio X2に関するお問合せやお見積りについてはパートナー(NTTドコモまたはNTTコミュニケーションズ)を紹介させていただきます。予めご了承ください

kkrn_icon_faq_22.png

NTTドコモでもSkydioを扱っていますが、NTTイードローンとの関係について教えてください

Skydioには、NTTグループ各社との協業が見込めるベンチャー企業等に対して出資を行うコーポレートベンチャーファンドを運営するNTTドコモ・ベンチャーズが、2020年7月に出資※を行っています。そのパイプをもとに当社はNTTドコモと連携しSkydio2+の取扱いを行っています。Skydio米国本社並びに日本法人との窓口をNTTドコモが務め、当社はNTT東日本グループとして培った主に橋梁点検や鉄塔点検の分野を足掛かりに、地域の方々からのSkydioの要望にお応えしていく地域のフロント機能を果たしています。また、現場で顕在化した課題や要望をフィードバックする役割も果たしています
※Skydioへの出資のリリース
https://www.nttdocomo-v.com/news/czhfnbwgtd/

kkrn_icon_faq_22.png

Skydio2+にリモートID機能は内蔵されていますか

リモートID機能が内蔵されています。そのため、外付けのリモートID対応機器は不要です。リモートIDの登録方法等の詳細については当社から購入いただいた方向けに購入後にご案内させていただいています。

kkrn_icon_faq_22.png

バッテリーやプロペラ等の部品のみの注文は可能ですか

バッテリーは販売しています。プロペラについては破損した際に故障対応させていただくことはありますが、プロペラ単体の部品販売は現在実施しておりません
<参考情報>
Skydio2+のバッテリー価格:38,500円/個(税抜)※2022年8月現在
為替の影響等により価格は変動する場合があります。予めご了承ください

kkrn_icon_faq_22.png

動作温度範囲を教えてください

Skydioのカタログスペックとしては「-5度~40度」です。以下は、当社としての運用経験からの補足情報です
冬季山間部での0度前後での飛行は可能でしたが、飛行直前まで車中で機体やバッテリーが冷えすぎないように留意して運用しました
夏季についても外気温30度後半でも飛行は可能でしたが、直射日光により外気温以上よりも機体並びにプロポに装着したタブレットが熱くなる場合がありました。そのため、電源を入れる直前まで機体やプロポ等を日陰で風通しが良い環境に置くなど留意して運用しています

kkrn_icon_faq_22.png

飛行中の騒音は気になりますか

耳をふさぎたくなるような騒音ではありませんが、他の同型のドローンと同程度の音量とお考えください
音量がわかる動画をアップしておりますので、よろしければご確認ください
https://youtu.be/w6wbV4uopTU

kkrn_icon_faq_22.png

Skydio2+のプロポに接続する推奨タブレットについて

推奨タブレットは、Phone、iPad(iOS 12.0以降が必要/ ipad Airの第四世代は不可)です。​

LTE等の通信機能は必須ではございません。

kkrn_icon_faq_22.png

Skydio2+のプロポに接続するタブレットにAndroid端末は使えないのですか

​Skydio社の取扱い説明書上ではAndroid端末でも接続可能との記載がありますが、プロポのバッテリーがiOSに対して約半分の時間に短縮されるとも記載されています。また、Android端末には様々なヴァージョンがあること、何よりバッテリーの駆動時間に影響が大きいことから、当社ではAndroid端末は推奨としていません。そのうえで、購入後のご判断でご利用いただくことは可能と考えておりますが、当社からのサポートは難しいことを予めご了承願います

kkrn_icon_faq_22.png

Skydio2+のプロポに接続するタブレットは、Skydio2+のフライト専用とする必要がありますか

端末自体を専用とする必要はありませんが、アプリケーション「Skydio Enterprise」をインストールする必要があります

kkrn_icon_faq_22.png

Skydio2+の障害物を回避する際の、対象物との距離はどれくらいですか

Standardでは約87cm、Closeでは約28cm、Minimumでは約11cmです。

突発的な風などを考慮した安全な運用のため、可能な限りStandardまたはCloseでの運用を推奨します。

kkrn_icon_faq_22.png

DJI製ドローンのAモード(ATTIモード※)に該当するフライトモードはありますか

Aモード(ATTIモード)に該当するフライトモードはSkydioには搭載されていません
※Aモード(ATTIモード)について
Aモード(ATTIモード)は、GPSや障害物検知をOFFにしたマニュアル操縦のフライトモードです。Aモード(ATTIモード)の語源は、Attitude(姿勢)からきています。AモードではGPS等が無効となるため、例えばホバリング時に風に吹かれただけで位置が移動します。この場合、当て舵と言われる、風を読んで風上にスティックを入れる操縦技術が必要となります。このような操縦技術を向上するためにAモードが使われる場合もあります

kkrn_icon_faq_22.png

暗い場所(例:暗渠内・照明がない室内・薄暗いトンネル等)での飛行は可能ですか

SkydioはVisual SLAM※を用いた自律飛行が特長のため、人間の目のように「明るさが足りず周囲が見えない」環境での飛行を苦手としています。よって、完全な暗闇での飛行はできません。また、どの程度の照度・明るさが確保できればSkydioが飛行できるかは当社では検証数が少なく定量的な回答は現時点難しいところです
※Visual SLAMについて
Visual SLAMとはカメラから得られた映像データから、自分の位置や姿勢と周辺の物体の位置情報を三次元で把握する技術です。 SLAMとは自己位置推定と環境地図作成を同時に行う技術のことで、「Simultaneous Localization and Mapping」を略してSLAMと称されています

kkrn_icon_faq_22.png

Skydio2+は、Skydio2と比較して何が変わったのか?

バッテリーの持続時間と、プロポと機体の間の通信距離が改善されています。

kkrn_icon_faq_22.png

Skydio2+には、Skydio2のバッテリーは使えるか?

使用可能ですが、Skydio2のバッテリーを使用する場合はバッテリー持続時間は最大23分となります。

kkrn_icon_faq_22.png

Skydio2+のプロポとの通信距離はどのくらいか?

2.4Ghz帯を利用しているため周辺のWi-Fi端末の利用状況や見通し・湿度等の環境により異なりますが、当社が利用するときは最長で300m、厳しい環境の際には一時的に100mを切る場合もありました。

kkrn_icon_faq_22.png

Skydio2+を購入すれば3DScanは使えるか?

別途オプションにて「3DScan」のライセンス購入が必要です。

kkrn_icon_faq_22.png

Skydio2+は夜間飛行が可能か?

航空法で定められた十分な灯火装置が備わっていないと判断しており、夜間飛行は難しいと考えています

 

おまかせeドローン

kkrn_icon_faq_22.png

ドローンを用いてどのようなサービスを行っているのか教えてください

「農薬散布」「太陽光パネル点検」「文化財デジタルアーカイブ」「インフラ点検」「作地・農地確認」「ケーブルけん引」「空域測量・空撮」「写真&レーザー測量」「抗菌剤散布」の9種類のサービスを実施しています。詳細なサービス内容はこちらをご参照ください

kkrn_icon_faq_22.png

おまかせeドローンに申し込むにはどうすればいいですか

当社お問い合わせフォームより必要事項を記載してお問い合わせください。
https://www.nttedt.co.jp/contact

kkrn_icon_faq_22.png

サービスを受けられるエリアを教えてください

日本国内を対象としています。島しょ部等は対応できない場合があります。

kkrn_icon_faq_22.png

サービスの成果物の例を教えてください

農薬散布、散布実績レポート、空撮画像データ、各種レポートなどがございます。サービスごとに提供できる成果物が異なるため、詳細はお問い合わせフォームよりご相談ください。
https://www.nttedt.co.jp/contact

 

ドローンスクール(E.R.T.S.)

kkrn_icon_faq_22.png

「農業コース」の講習内容について

当社製農業ドローン(AC101)をお使いになる方向けに、ドローンの飛行に関わる関連法規(航空法・電波法)や農薬取締法、その他AC101を使用して農薬の空中散布散布を行う上で必要な知識と技術を習得ただきます。

kkrn_icon_faq_22.png

「産業コース」の講習内容について

座学としてドローンの基礎知識、法律等のルールを習得、実技では講習機体(PG390、Skydio等)を使い、ドローンの準備・点検、基本操縦、危険回避など、安全飛行に重きを置いた講習を実施します。

kkrn_icon_faq_22.png

「E.R.T.S.」ライセンスの「農業コース」「産業コース2級」を取得するメリットを教えてください

当スクールは国土交通省認定の講習団体ですので、飛行許可承認申請の提出時に「HP掲載団体技能認認証あり」として申請内容を一部簡略化できます。

kkrn_icon_faq_22.png

スクールはどこで受けられますか

産業コースは埼玉、千葉にて受講可能です。
農業コースは全国各地にて開催可能ですのでお問い合わせください。
※代理店リンクの記載 https://e-drone.tech/school-agency

kkrn_icon_faq_22.png

スクールを受講するにはどうすればいいですか。

当社お問い合わせフォームよりご相談ください。
※リンクの記載 https://e-drone.tech/school-agency#contact

kkrn_icon_faq_22.png

「E.R.T.S.」は、NTTイードローンが販売する機体を購入する予定がないと受講できないのですか?

ドローンに興味がある方ならどなたでも受講は可能です。特に、国産ドローンを実際に使用し業務にあたる自治体や公的機関・インフラ企業の方々や、公的機関を顧客としてドローンを活用した新規事業を検討されている方々にとっては、「E.R.T.S.」は実践的な学びを深めることに貢献できると考えています。

kkrn_icon_faq_22.png

2022年中に開始予定の「操縦ライセンス制度」について教えてください。

「操縦ライセンス制度」は、国が新たに設立するいわゆる国家ライセンス制度です。かねてより2022年の実現を目指している「レベル4飛行(都市部などの有人地帯における補助者なし目視外飛行)」の実施にあたり安全性を担保するためや、現状では飛行の許可・承認が必要な飛行ルールについても合理化・簡略化することを目的に同じく新設される「機体認証制度(機体の安全性を認証、第三者上空飛行が可能な第一種と第三者上空を飛行しない機体の安全を認証する第二種がある)」「運航管理要件(運航ルール)」とともに2022年末よりスタートする予定です。
これまでのドローン関連資格・ライセンスは「E.R.T.S.」のように、あくまで民間の管理団体が設立したものでしたが、自動車の運転免許のように国が設立・管理していくものとなります。しかし、操縦ライセンスを取得しなければ「ドローンを飛ばせない…」というわけではありません。レベル4飛行には必要であったり(一等資格)、一定の飛行において飛行許可・承認が不要になったり(二等資格)するというものです。例えば、農薬散布(物件投下)を伴う飛行をさせる場合、二等資格があれば一定の運航ルール内で申請不要で飛行ができますし、二等資格がなくても、これまでどおり飛行許可・承認申請を行い、飛行許可のもとで飛行すれば問題ありません。ただし、レベル4飛行を行うには、一等資格の取得は必須となっていますので、ドローンを活用した物流、遠隔地の点検、警備などに携わる方々には重要な資格となります。

kkrn_icon_faq_22.png

「操縦ライセンス制度」の導入を待ってから受講したほうがよいですか?

空撮・点検・測量・農薬散布等、レベル4飛行を必要としない業務に携わる方々にとっては待つ必要はないと考えています。むしろ、ドローンの社会実装は急速に進みつつあるため、新規参入予定の方ほど早めの受講をお薦めしています。なお、「E.R.T.S」として操縦ラインセンス制度への対応を検討しており、仮に、今後「操縦ライセンス」の取得がドローンの飛行に必須となった場合には、「E.R.T.S」の資格を取得いただいた方向けに、できるだけ少ない日数と費用で「操縦ライセンス」を取得いただけるようなコースを設置する予定です。

kkrn_icon_faq_22.png

受講をして、認定が受けられない場合はありますか?

試験に不合格になってしまった場合、再試験をご受講して頂く形になります。ただし、指導教官の指導をしっかりと聞いて学んでいただければ、合格できるレベルになっております。

kkrn_icon_faq_22.png

認定の期間はどのくらいで、更新はどのようにできますか?

認定の期限は2年となっております。更新の際は、最新の法令や知識等のご確認はさせてい頂いておりますが、実技の再講習はございません。

kkrn_icon_faq_22.png

経験者の場合、短期間の講習等ありますか?

農業用コースのみ経験者コースをご用意しております。

kkrn_icon_faq_22.png

1人での申し込みなのですが、可能ですか?

可能です。ただし、他の申込者の方とご一緒に受けていただく形になります。

 
 
 
 

産業ドローン「EC101」

kkrn_icon_faq_22.png

EC101は販売しているか?

現在、原則として販売は行っておらず、レーザー測量用、空撮・写真測量用の2機種のレンタルを予定しております

kkrn_icon_faq_22.png

EC101はカスタマイズ可能か?

案件に応じてのご相談となります。また、特注機扱いとなるため、個別に開発・改造費をご負担いただく必要がございます。

kkrn_icon_faq_22.png

レーザー測量用のEC101はYellow Scan製のVx20シリーズ以外は搭載できないか?

現在準備中のレーザー測量用のEC101は、Yellow Scan製のVx20シリーズを搭載するための仕様となっておりますいるため、出来ません。

kkrn_icon_faq_22.png

レーザー測量用のEC101はカメラキットにSONY α6000以外のカメラは搭載できるか?

SONY α6000のサイズに適合したキットの為、α6000のサイズ・重量と同様であれば搭載できる可能性はございますが、現物にて確認が必要です。

kkrn_icon_faq_22.png

空撮・写真測量用のEC101はSONY α7以外のカメラは搭載可能か?

搭載をご希望のカメラの仕様をご教示いただき、別途確認が必要です。

kkrn_icon_faq_22.png

EC101のプロポはどこのメーカーを使っているか?

当社製のプロポを採用しています。