top of page

Skydio X10

最適なセンサーを搭載し最先端のAIが操縦します
いつでも、どこでも、必要なデータを得るために

登録してSkydio X10の情報をいち早くキャッチしよう

登録ありがとうございます

Skydio X10_edited.png

NVIDIA Jetson Orin GPUを搭載したSkydio X10は、比類のないコンピューティングパワーを利用して、リアルタイムで正しい判断を下します。オリジナルデザインの進化した6つのナビゲーションレンズが、360度の視界を提供し死角をなくすことで、どんな環境でも恐れることなく飛行させることが可能です
 

Skydio2+からの進化

暗所夜間

暗所夜間の自律飛行が可能になります。暗所でも夜間でも、その環境を理解し、障害物を回避し、自律的に安全に飛行します。

IP55

防塵防水機能が強化されました。小型ドローンではトップレベルのIP55に対応します

5G/LTE

5G※/LTE経由での操縦やデータ伝送が可能となります。現地作業を遠隔地から支援することがこれまで以上に容易になります

​ペイロード

最大340gのペイロードを搭載することが可能となります。現場における課題解決力が向上します。

※日本国内では規制のため、現在4G(LTE)の上空利用にとどまるため、当社では5G経由での操縦やデータ伝送は屋内に限られると想定しています。
<参考:携帯電話等の上空利用について>https://www.nttedt.co.jp/cellular 

SkydioX10の特長

1.基本性能向上を支える高い処理能力
  • 飛行後のエッジ処理でオルソや3Dモデル化などOnboard Modelingに対応(予定)


2.高精度カメラの搭載
  • カメラタイプの異なる機種を2種類ラインナップ(望遠重視VT300-Z/広角重視のVT300-L)
  • サーマルカメラは、解像度最高クラスのFlIR640×512を搭載


3.幅広い環境・天候に対応
  • Night Senseにより、夜間の自律飛行を実現
  • 上空LTEへの対応を推進するdocomo skyセルラードローンパートナープログラムに加入済み

 

より使いやすく

画面一体型送信機を採用

送信機(プロポ)と最適化されたフライトアプリケーションであるFlight Deckを使用して、あらゆるミッションを計画・実行します

​折り畳み機構を採用

Skydio X10は、同様のセンサーを搭載したドローンの中で最もコンパクトなサイズに折りたたむことができるように設計されています

Skydio X10の新機能紹介動画

NVIDIA Jetson Orin GPUを搭載したSkydio X10は、比類のないコンピューティングパワーを利用して、リアルタイムで正しい判断を下します。オリジナルデザインの進化した6つのナビゲーションレンズが、360度の視界を提供し死角をなくすことで、どんな環境でも恐れることなく飛行させることが可能です

 

カメラは2種類から選択

Skydio X10は同サイズのドローンよりも高解像度のカメラと赤外線カメラを搭載
目的に応じてカメラを使い分けることで、必要なデータを撮像可能です

VT300-X

​望遠重視

VT300-Z.png

左:赤外線カメラ(Flir Boson+ Uncooled VOx Microbolometer)

右上:狭角カメラ(Sony 1/1.7" 64MP CMOS)
右下:望遠カメラ(Sony 1/2" 48MP CMOS)

VT300-L

​広角重視

左:赤外線カメラ(Flir Boson+ Uncooled VOx Microbolometer)
右上:広角カメラ(Sony IMX989 1" 50.3MP CMOS)
右下:狭角カメラ(Sony 1/1.7" 64MP CMOS)
※赤外線カメラ周辺はフラッシュライト(最大2800ルーメン)

同型機を圧倒する撮像性能

SkydioX10のジンバルカメラについては、望遠重視モデルと広角重視モデルのいずれかを選択いただくことができます。いずれのモデルも、カメラ(センサー)のメーカーは、可視光はSONY製、赤外線はFLIR製となります。

アタッチメント

豊富なアタッチメントにより様々な業務での活用を支援

X10スポットライト.png
X10スピーカーマイク.png
X10ナイトセンス.png
X10パラシュート.png
X10RTK.png

※上記、アタッチメントは今後予定されているものも含まれます

※アタッチメントの組み合わせによっては、取り付けれないアタッチメントがありますのでご注意ください

 

新機能紹介動画

暗所でも飛行可能

新たに搭載されたナイトセンスにより暗所でも飛行が可能となります

通信を強化(5G対応)

​新たに5Gに対応した通信チップを搭載し、コネクティビティがさらに強化されています

SkydioX10が拡げる利用シーン

(Wi-Fiが混線する都心部等)

  • 建設現場での進捗/安全確認

  • IoT機器が大量に設置されている工場内での点検 等

点検

(暗所、粉塵)

  • 橋梁のパラペットや桁内点検

  • トンネルの内壁点検

  • 工場の夜間点検

災害対策

(雨天、暗所)

  • 雨天・夜間を問わず被災状況を確認

​警備

(暗所)

  • 屋内/屋外での夜間警備 等

SkydioX10 Wi-Fiモデル スペック(諸元)

寸法(展開時、プロペラ付き)
79.0cm×65.0cm×14.5cm
寸法(折りたたんだ状態、バッテリーなし)
35.1cm×16.5cm×11.9cm
重量(バッテリー含む)
2.11kg
最大離陸重量
2.49キロ
動作周波数
2.4GHz帯(2400-2483.5MHz)、 5GHz帯(5150-5850Mhz)
送信機電力
2.4GHz帯:34.3dBmi、5GHz帯:33.7dBmi
ホバリング精度(無風時)
VIO:+/- 10cm、GNSS:+/- 1m
最大角速度
ヨー:100度/秒 、ロール/ピッチ:225度/秒
最大傾斜角度
40度
最大上昇/下降速度
上昇:6 m / s、下降:4 m / s
最大水平速度
20m/s
海抜最大飛行高度 (ペイロードなし)
4,572m
最大耐風速
12.8 m / s
最大ホバリング時間
35分間
最大飛行時間
40分間
防塵防滴規格
IP55準拠
GNSS
GPS + Galileo + GLONASS + BeiDou
動作温度範囲
-20°C~+45°C
障害物回避範囲
360°
携帯電話を握る

Skydio
​お問合せ
​(見積依頼)

Skydio X10の価格は個別見積とさせていただいております。大変お手数をおかけしますが、以下よりお問合せ願います。

Skydio X10 - Bridge Inspection.jpg

Skydio X10の
導入検討のためのデモ

Skydio X10による自動化・省人化の事前検証に取組みませんか
無償デモフライトを通じて
Skydio X10の導入効果を検証可能です

<参考:米国Skydio社ホームページ>
https://www.skydio.com/x10
 
bottom of page