top of page

公共インフラ点検に最適なドローン

Skydio2+

 

Skydio2+を採用した理由

高度な障害物回避機能

機体上下に搭載された6つのビジュアルセンサーにより、全方位障害物回避や、GPSが取得できない環境でも安定した飛行が可能です

国内外の豊富な実績

GPSが届かない橋梁や屋内の狭小施設等を中心に、国内外で実績を蓄積しています

Skydio X10 - Bridge Inspection.jpg

Skydio導入検討者向け
無償デモ受付中

無償デモフライトを通じて
Skydioの導入効果を検証可能です

Skydio

​購入方法・見積依頼

<参考>Skydio2+

機体及び付属品等一覧

付属品

※写真の機体本体はSkydio2です

※購入可能な機体はSkydio2+

※お試しプランの場合は、Skydio2を2セット貸与

・機体本体:1台
・microSDカード:2枚
・付属プロペラ:2セット
・コントローラー:1台
・コントローラー用タブレットアダプタ:1個
・バッテリー充電器:1台
・付属バッテリー:3本
・バッテリー用充電アダプタ:1個
・USBタイプCケーブル(長):1本
・USBタイプCケーブル(短):1本
・USBタイプC-Lightningケーブル(短):1本
・クリーナークロス:1枚
・NDフィルター:1セット
・プロケース:1個
・ Skydio Autonomy Enterprise Foundation(ソフトウェア)

Skydio2+ スペック(諸元)

サイズ
223×273×74(L×W×H) ※バッテリ装着時
重量
約800g(バッテリ含む)
飛行可能時間
27分
最高飛行速度
58km/h
最大耐風速
11m/s
最大高度
500m
可用温度範囲
-5℃~40℃
GNSS
GPS+GLONASS
センサー
Sony IMX577 1/2.3 CMOS
解像度(静止画)
1200万画素(4056×3040)
解像度(動画)
4K60fps
ISO
100〜3200
絞り
f/2.8
シャッタースピード
1s〜1/1920s
焦点距離
20㎜※35㎜換算時
被写界深度
1m〜∞
カメラピッチ
-110°〜90°
保存形式
JPGDNG

 

Skydio 3D Scan

「Skydio 3D Scan」をノーカットで見てみたいという声にお応えして、NTT e-City Labo の電信柱(高さ8m×縦&横×4m)をスキャンした動画をノーカットで収録しています

山形県長井市が実施した産業ドローンの実演会の際に実施したSkydio 2+による3Dスキャンの模様です。モデルは高さ2m超の「たいきくん」。1992年に山形県で開催されたべにばな国体のマスコットキャラクターです。


撮影時間をできるだけ短くするため、3Dスキャンの精度を粗めに設定しました。そのため、撮影時間は5分程度で終了したものの、後処理(Pix4Dを利用)後の「たいきくん)も、少々粗い再現度合いとなっていますが、Skydioを活用することで、このような3D Scanを手軽に実施することが可能です。


実演会の模様について詳しくはこちらでご案内しています。

便利な撮影補助機能 

Skills

Skydio 2/2 +に具備された撮影補助機能「Skills」は、これまで高度な操縦技術が必要だった難易度の高いドローン撮影を簡単なものにしてくれます。例えば、「Skills」の一つである「KeyFrame」を利用することで、屋内での完全自動航行が可能です

1
2

Skydio AEF
​Autonomy Enterprise Foundation

​Skydio AEF(Autonomy Enterprise Foundation)は、Visual SLAMで自律航行を実現している「Skydio2/2+」の能力を最大限に引き出す拡張機能です

当社から購入いただいた「Skydio2/2+」には、AEFの3年間のアップデート保証が含まれています

<参考>

★★★:橋梁・鉄塔点検で便利な機能

★★ :橋梁・鉄塔点検で使うことがある機能

★  :橋梁・鉄塔点検では利用しない機能

           (空撮や巡回警備等での利用シーン有)

1. Close Proximity Obstacle Avoidance 

★★★

Visual SLAMによる障害物の検知範囲を、半径約10cm・28cm・86cmの3段階で設定。Skydio2/2+がより障害物に接近して飛行することが可能

2. Precision Mode

★★★

ジョイスティックによる精密な位置制御による飛行が可能

3.Vertical View

★★★

カメラの上向き角度を90度まで向けることが可能

4.Visual Return-to-Home

★★

GPSが取得しづらい環境でも離陸地点に安全に帰還することが可能

5.Offline Maps

地図を事前に「Skydio Enterprise」アプリにダウンロードしておくことで、モバイル通信が使えない環境でのフライトに活用することが可能

6.Superzoom

6つの魚眼レンズから取得した内部データを合成し、360度全方位の映像を作成することが可能

7.Point-of-Interest Orbit

地図上に設定した任意のポイントを中心に、機体を回転させて撮影すること(ノーズインサークルような撮影)が可能

8.Track in place

​★

上空で高度を維持し、近距離からでも遠距離からでも人や車などの対象物を認識/追跡し、カメラの焦点を合わせ続けることが可能

 

Skydioのさらに高度な機能

bottom of page